鳴尾記念&安田記念

日本初のアハルテケの仔(牝)が誕生したそ
うな。おめでとうございます。
美しい黄金の姿を見る機会はあるのかな?
もしあれば見てみたいけど、貴重な存在だし
直接人前に出る機会は少なかったりして。

鳴尾記念(G3)
阪神2000m芝
1着 メールドグラース 1:59.6
2着 ブラックスピネル
3着 ステイフーリッシュ

安田記念(G1)
東京1600m芝
1着 インディチャンプ 1:30.9
2着 アエロリット
3着 アーモンドアイ

9頭立てと少頭数だった鳴尾記念。
勝ったのはメールドグラース。
今回で4連勝!強い。

安田記念を勝ったのはインディチャンプ。
2着・3着は牝馬が来ていた。
スタートからアクシデントがあり上位人気の
ダノンプレミアムがなんともいえない結果に。
アーモンドアイもかなり追い込んではいたけ
れど、3着という結果となった。
全馬がベストな状態で持っている力を発揮で
きればいいんだけど…何が起きるかわからな
いだけに、見ている方はただただ全馬の無事
を願うばかりだ。

新馬戦が始まりましたが、今年はいきなり凄
そうな馬たちが現れている。
土曜阪神5Rのリアアメリアはかなり強そう。
日曜東京5Rのサリオスも。あと2着だった
アブソルティスモもこれから強くなりそうな
気がする。
今年の新馬たちは強い仔が揃っていたりして。
楽しみにしておこう。

優駿 2019年 06 月号 [雑誌]
中央競馬ピーアール・センター
2019-05-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


"鳴尾記念&安田記念" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント