2019年7月の重賞

2019年7月4日

スパーキングレディーC(G3)
川崎1600mダート
1着 ファッショニスタ 1:40.6
2着 サルサディオーネ
3着 ローレライ
スパーキングレディーCはファッショニスタ
が人気に応えて勝っていた。2着に来たのは
サルサディオーネ。3着のローレライは予想
外だった。

2019年7月7日

プロキオンステークス(G3)
中京1400mダート
1着 アルクトス 1:21.2
2着 ミッキーワイルド
3着 ヴェンジェンス
プロキオンSを勝ったのはアルクトス。
マテラスカイが逃げていたが、アルクトスと
ミッキーワイルドの2頭が接戦しながら追い
込んで、結果アルクトスが勝った。

七夕賞(G3)
福島2000m芝
1着 ミッキースワロー 1:59.6
2着 クレッシェンドラヴ
3着 ロードヴァンドール
今年は七夕の日に七夕賞がありました
七夕賞は今年も大波乱かな?と思っていたけ
ど思いのほか平穏だった。差はあったものの
3着には12番人気のロードヴァンドールが、
4着・5着も11番人気・14番人気というとこ
ろから、波乱の気配はあった模様。

2019年7月14日

函館記念(G3)
函館2000m芝
1着 マイスタイル 1:59.6
2着 マイネルファンロン
3着 ステイフーリッシュ
函館記念はマイスタイルが逃げていたけれど
4コーナーでマイネルファンロンに抜かれ、
ゴール前でマイスタイルが再び盛り返し勝っ
ていた。

2019年7月21日

函館2歳S(G3)
函館1200m芝
1着 ビアンフェ 1:09.2
2着 タイセイビジョン
3着 プリンスリターン
函館2歳Sはキズナ産駒ビアンフェが抜けて
強かった。タイセイビジョンも凄い末脚では
あったけど惜しくも届かず。

中京記念(G3)
函館1600m芝
1着 グルーヴィット 1:33.6
2着 クリノガウディー
3着 プリモシーン
中京記念は上位2頭が接戦でグルーヴィット
が僅差で勝っていた。2頭共3歳馬だった。
ひそかにグランドボヌールが残ってくれたら
などと思っていたけど、ゴール前たくさんの
馬たちに来られた。

予想は函館記念と中京記念は2着抜け。
函館2歳Sみたいに3着が抜けるケースも。
どうやっても1頭抜けるのってどうしてなん
だろう?プリンスリターンは11番人気だから
仕方ないとしてクリノガウディーに至っては
いつもなら予想に入っててもいいはず。謎だ。

2019年7月27日/28日

小倉サマージャンプ(J・G3)
小倉3390m芝
1着 メイショウダッサイ 3:44.0
2着 アグリッパーバイオ
3着 メイショウタンヅツ
小倉サマージャンプはメイショウダッサイが
勝ち3連勝。アグリッパーバイオは直線で差
を縮めたものの2着。

キングジョージ6世&QES
イギリス・アスコット2390m芝
1着 エネイブル 2:32.42
2着 クリスタルオーシャン
3着 ヴァルトガイスト
キングジョージ6世&QES(27日23:40)は、
エネイブルとクリスタルオーシャンの大接戦
となり、結果エネイブルが11連勝となった。
イギリス馬のワンツー。少し差のある3着に
フランス馬のヴァルトガイストが来ていた。
日本馬シュヴァルグランは6着だった。

クイーンステークス(G3)
札幌1800m芝
1着 ミッキーチャーム 1:47.0
2着 スカーレットカラー
3着 カリビアンゴールド
クイーンSはミッキーチャームが人気に応え
勝っていた。今週の重賞って全部1番人気の
馬が勝ってたんだ。ミッキーチャーム、夏の
北海道開催では好成績なんだね。

アイビスサマーD(G3)
新潟1000m芝
1着 ライオンボス 0:55.1
2着 カッパツハッチ
3着 オールポッシブル
アイビスSDはライオンボスが3連勝。
予想は一応8枠の馬いっとこって思い、3着
に来たオールポッシブル以外の2頭に印を…
2桁着順続いてたとしても来るときは来るん
だなと思い知らされた。


藤田菜七子騎手が、国際女性騎手招待競走の
「ウィメンジョッキーズワールドカップ」で
優勝!おめでとうございます!(6月30日)
ブローパーク競馬場(スウェーデン)で行われ
世界各国から10人の女性ジョッキーが集まり
5レース騎乗して、そこで最高点を獲得して
世界一となった藤田菜七子騎手。
5度目の海外遠征での偉業達成となった。

優駿 2019年 08 月号 [雑誌]
優駿 2019年 08 月号 [雑誌]

amazon.co.jp



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント