アーリントンC&中山GJ&アンタレスS&皐月賞

実力馬がさすがの強さを見せたり、大波乱も
あったりの週だった。

アーリントンカップ(G3)
阪神1600m芝
1着 イベリス 1:34.2
2着 カテドラル
3着 トオヤリトセイト

中山グランドジャンプ(J・G1)
中山4250m芝
1着 オジュウチョウサン 4:47.6
2着 シンキングダンサー
3着 マイネルプロンプト

アンタレスステークス(GⅢ)
阪神1800mダート
1着 アナザートゥルース 1:50.8
2着 グリム
3着 ロンドンタウン

皐月賞(G1)
中山2000m芝
1着 サートゥルナーリア 1:58.1
2着 ヴェロックス
3着 ダノンキングリー

アーリントンCには参った。
12·7·11番人気で予想も全然的中せず。
中山GJでのオジュウチョウサンの連勝には
ただただ感心するばかり。
アンタレスSの3頭は他と大きな差があった。
皐月賞のサートゥルナーリアは今年の初戦で
しっかり勝つというのが凄い。
ダノンキングリーとの一騎打ちかと思いきや
間にヴェロックス。かなり接戦だった。

優駿 2019年 04 月号 [雑誌]
中央競馬ピーアール・センター
2019-03-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック